家族はいつもいっしょ

アクセスカウンタ

zoom RSS ルーツ

<<   作成日時 : 2007/06/08 06:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

月2回ほど、ボランティアで学校図書室の本の修理をしに行ってます。
本とか別に好きじゃないけど、修理と仲間とのとお喋りが楽しみです。
昨日は作業の後、数人とマックに行ってお喋りの続きをしました。
なんとなく祖父母話に話が流れて行きました。
最初はわが子の祖父母、つまり自分らの両親の話だったのですが。

Kさん 「私、子供の頃、祖父にかわいがられてねぇ」
私   「いいなぁ、私、ジジコンなんだよね」
皆   「わかる、わかる」 (!)

世の中にジジコンがそんなに多いのは新発見でした。
ところで、私のジジコンには次のようなわけがあります。

私   「私、おじいちゃん経験がないのよ。
     父方の方は、戦前に病死してるし、
     母方の方は、女と逃げちゃって」
皆   爆笑

ここで、爆笑してくれる仲間が好き

さて、ここからは、ちょっと歴史を感じる話になりますので、トシを計算したりしないように。

私の実家は貧乏でしたが、両親の家系は実は大地主だったそうです。
先祖代々の墓のある山から眼下を見下ろし、父は私に言ったものです。
「そっちの山から、そっちの山まで、この辺の集落一帯は全部、うちの土地だったんだ」

世が世なら、私は資産家のお姫様??
今現在、その辺りは、日本でも有数の借金自治体です。
例え、戦前の資産が自分のものであっても、良くて二束三文。
悪けりゃ、それなりの負債を抱えてることでしょう。
現実ってそんなもん。

それはともかく、父方の祖父は派手な人で、新しもん好き。
いくつも事業を失敗し、一代でしんしょう食いつぶした挙句、早死に。
一家は残った家屋敷売り払って満州へ移住しました。
その後、戦争、父は召集され、シベリア抑留、無一文で帰国。
祖母は今でも満州の土の下です。

母方はこれまた大地主だったそうです。
毎年秋になると小作人達が次々と、自分ちの前に米を積み上げていく。
祖母は子供の頃のそんな思い出を話してくれたことがあります。

父や、祖母の派手な生活の話を聞くと、その後の両家の運命。
赤貧洗うが如しの生活と、自分にも受け継がれた貧乏体質。
これらは全て、代々搾取してきた小作人達の怨念じゃないか!?
そんなことも思っちゃうけど、それはおいといて。

母方の祖母は、やっぱり大地主の農家にお嫁に行きました。
ところが、嫁いですぐ、夫は失踪してしまうのです。
嫁である祖母は、赤ん坊の母を抱いて家を出されました。

すぐに再婚して二児をもうけるのですが、新しい夫は突然死。
祖母は3人の子を抱えてたくましく戦中の混乱を生き抜くことになるわけです。

ここまでは、私が子供の頃に聞いた話。
5年ほど前、一緒に酒を飲んでいた母方の叔父から突然
「おまえのじいちゃんは、女と逃げたんだ」
と衝撃の事実を告げられました。

失踪の原因は、そういえば何も聞いてませんでした。
私の母も、子供には言えなかったんだろうね。

財産を食いつぶして、一家を路頭に迷わせた父方の祖父の血。
乳呑み児を捨てて、女と失踪する母方の祖父の血。
いい加減に生きた無責任な二人の遺伝子が二乗で自分の中に流れている。


これが、私のジジコンの正体。

「すごいね、おじいちゃん、情熱的じゃん」

マックで、2年生ママ、Fさんが声をあげました。
私   「情熱的?失踪したじいちゃんが?」
Fさん 「家同士の決めた結婚。
     けれど、おじいちゃんには既に心に決めてた人がいたのよ。
Kさん 「そうよね、何もかも捨てて愛する人との人生を選んだんだよ。
     きっと、すごく苦しかったんだわ」

・・・・そんな風に、考えたことなかった。

小学生の時、失踪したじいちゃんが、訪ねて来たことがありました。
大量のお菓子をお土産に持ってきたことくらいしか覚えていませんが。
母とは、半世紀ぶりの対面なんだ。
孫の私をどう思っただろう。
そんなことを思ったのも、その随分後です。

Fさん  「素敵、ロマンスだねぇ」

ロマンスかぁ。
いい加減じゃなくて、ロマンス。     

なんとなく、気分がよかったです。
長年、それときづかず背負ってた何かを、ひょいとおろした感じ?
ありがと、みんな。

あと、子供って、大人が気付かないうちに、いらんものを背負っちゃうだなぁ。
(この場合、自分のことだけど)
ってなことにも気付きました。

う〜ん、私、キッキに何か背負わせてないかしら。

半世紀後、荷下ろしして初めて気付くっていうのも、まあ、面白いけど。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

  • きまぐれ作品集
  • RSSリーダー
  • ルーツ 家族はいつもいっしょ/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる