やるときはやる

GW、キッキは6泊7日の春キャンプでした。

去年、初参加した春キャンプは「過酷」の二文字。
擦り傷だらけ、肌はボロボロ、髪はボサボサで帰ってきたものです。

春キャンプは、この後、授業で行われるキャンプ実習の準備、
それと、その実習で一般学生を指導するリーダーの養成が目的です。
キッキらキャンプサークルの学生はその指導に当たるのです。
1年だった去年は、物品の準備だけに明け暮れていましたが、
2年次の今年は、人前に立って指導する仕事もあります。
キャンプ前から指導案、司会練習等、忙しかったキッキ。

不安でいっぱい、「行きたくな~い」を連発してたキッキ。

帰ってきた時は、ご機嫌でした。

「楽しかったぁ。
 うち、メッチャ褒められたんだよ」




それは、キッキが担当したフィールドワークの司会ぶり。

顧問の先生、サークルの仲間たち、それに知らない人まで
びっくりするくらいべた褒めしてくれたとか。
曰く、声がよく通るうえ、間合いも絶妙で、内容が頭に入ってきやすいと。

「まるで、水族館のお姉さんみたいだって言われたよ」

ん? なんだ、その例え・・・・。

「うちの後ろにペンギンが見えた・・・って」



・・・試しに、その時の司会を再現してもらったら・・・

「ホントだ、イルカショーのお姉さんだ」

「マジ?」

ホント、声の張り方、間合い、お客さんに呼びかける雰囲気
すべてが、キッキを連れてよく行った水族館のショーそのもの。
うん、このブログに音声を付けられないのが残念。



「他のパターンもできるの?
 例えば、車とかのショールームのお姉さんとか」


「そんなの行ったことないから分からない」

「う~ん、じゃ、DLのお姉さんは?」

・・・・これも、カンペキ、DLでした。


「うち、見たものなら再現できるのかも・・・?!」

昔、ピアノの先生によく言われた「耳が良い」ってヤツですか?

ていうより・・・・



「ていうより、うち、ママに散々水族館付き合わされて
 水族館のショーが染み付いちゃってんじゃないの?!
 どうしてくれんのよ!!」


ま、ま、そういうとこもあるかも(笑)



中学生の頃、学校で実施する職業適性テストの結果、
向いている職業がなぜか毎回「イルカの調教師」になってた、
なんてことを思い出してちょっと笑っちゃいましたよ。



ところで、

「みんなにさぁ、『キッキって、やるときはやる子なんだね』
 って言われたんだよ」


と、うかない顔で言うんです。
なんで?
それも褒められてるんじゃないの?

「だって、その言い方ってさぁ、
 普段のうちは、なんか、
 できない子みたいじゃん?




あはは・・・・
確かに。



ついでに言えば、その「やる時はやる」姿を
母は見たことがないぞ!



今回の春キャンプでは、肌アレもさほどでなく、
擦り傷もなく、色々余裕だったようです。
キャンプ力は着々とつけていってるらしい。

6月、7月とまたキャンプ三昧のようですが、



勉強の方は、大丈夫なのかなぁ・・・・?



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック