家族はいつもいっしょ

アクセスカウンタ

zoom RSS 幽霊U

<<   作成日時 : 2015/10/31 22:12  

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 3

夫が亡くなってから遺骨を置いた祭壇に
毎日毎日、朝炊いたご飯をお供えして線香を上げてます。
元々信仰心の欠片もないから、これ意味あるのかな?
なんて思いながら、でもなんとなくやめられなくて。

キッキは以前と同じように楽しく学校生活を送ってます。

私は平日はパートに出て、土日もたいてい出かけています。

そうこうしてる間に、1年が経ってしまいました。



生前夫が仕事をしていた部屋は今はキッキが寝起きして
夫の仕事机は夫の仕事道具が散乱していた上に
キッキの持ち物がゴチャゴチャ積み重なって悲惨な状態。

壁には夫のかばんがかかったまま。
夫の貼ったメモやコピーもそのまま。
カレンダーは去年の10月で、夫の亡くなった18日には
夫の字で「イベント」とメモしてありました。

その日は入院前からお笑いのイベントに参加する予定で
入院中も主治医に外出許可が欲しいと話してたそうです。



そのカレンダーに異変がありました。



気づいたのは9月の終わりだったかな。
「あれ?」と思ったけど、口に出さなかったの。

気づいてから2週間程もしてから、キッキに聞きました。

「パパのカレンダー、なんでめくったの?」

そう、10月のままでかかっていたカレンダーの
10月のページがミシン線で切られて、祭壇の横に置いてあった
座布団の上に落ちていたの。

私はキッキがはずしてそこに置いたんだと思ってました。



「え? 知らないよ、うち、ママがやったんだと思ってた」



二人で顔を見合わせました。

「・・・・・・・・・・・・パパ?」

「パパがとったの?」



ミシン線の切り口はそれはキレイに、まるでカッターでも使ったみたいに
まっすぐ切れていました。
ガサツなキッキがひきちぎったら、確かにこんなにキレイに切れることはない・・・。



「パパ・・・もう忘れろって言ってるのかな」



二人で抱き合って、声をあげて泣きました。
1年経っても、こんなに涙が出るなんて。



カレンダーがめくれていたのに気づいた前後、
外れたと思っていた都立霊園の当選通知が届いていたの。
それも何かあるの?



忘れて欲しいの?
それとも忘れないでってことなの?

はっきり言ってくれなきゃ分かんないよ!!
ホント、死んじゃってもそういうとこ変わらないんだから!!







本当は分かってるんです。

私達ふたりとも、まだ受け入れられていない。
パパの姿が見えなくても、またいつもみたいに夜遊びしてる
今夜も午前様なんでしょ、しょうがないんだから、
そんな風に思いたいんです。

だから、まだ遺影を撰ぶことさえできないでいる。



お骨を埋葬したら、気持ちが変わるのかしら。

















いつになったら、こんな気持ちを整理することができるんでしょう。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは
読みながら涙が出そうになりました
不思議な事が続いていますね
大切な人がいなくなって 1年が経った今
やっと思い通りに悲しむことが出来るようになったのだと思います
忘れられないし気持ちを整理する事も出来ないし受け入れられないし…当然だと思いますよ
だって大切な家族なのだから
無理に忘れようとすることもないし思いを引きずっていてもよいと思います
だんだんと少しづつ気持ちが落ち着いてくるのだと思います
上手く言えなくてごめんなさい

Deco
2015/11/01 14:05
お元気でお過ごしのようですね。
そしてご主人様は、ちゃんと守ってくださっているのですね。

こころのままに生きていらっしゃって、良いのではないでしょうか。
仏様の一番喜ばれるのは、お線香とお花
ときおり思い出してそっと手を合わせることと
お坊様が話されていました。

そこに遺骨があることが、拠り所となるのでしたら、そのままでも。
日々のことを話して聞かせてあげられたら喜ばれるでしょう。

義母はそうして、分骨した遺骨をお仏壇に安置して、ずっと話し相手にしています。
気がすむまでそばにいてもらって、後のことは子供たちで母が逝くときに一緒にお墓へと決めました。
その時はまた義母の遺骨を離せないかもしれませんね(笑)

寒くなってきました、ご自愛くださいませ。
みかんママ
2015/11/09 08:46
私、なにも理解していませんでした。
ごめんなさい。
今、ずっとブログをしっかり読ませていただきました。
大変なさなかに、私の体を気遣うコメントをいただいていたのですね。
本当に、ごめんなさい。
自分のことで精一杯でした。

空の上からご主人に見守られ、お元気にお過ごしのことと思います。

コメントをいただいて一年。本当に遅くなりました。
どど!!ごん!!
2016/02/26 00:12

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

  • きまぐれ作品集
  • RSSリーダー
  • 幽霊U 家族はいつもいっしょ/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる