家族はいつもいっしょ

アクセスカウンタ

zoom RSS

<<   作成日時 : 2015/02/04 17:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

最初に書いておくけど、この記事は読まないで欲しい。
公開しておいて読むな、とは矛盾してるけど、
書かないと、いつまでも頭のなかグルグルしちゃうから
とりあえず書きます。
でも、読まないで。



30年ほど前、大好きだった叔母が亡くなった時、
叔父が叔母の夢を見たという話をした。
「踏切の向こうに立ってるんだよ。
 そっちへ行ってやった方がいいのかな」

私は慌てて「ダメだよ、そんなこと言っちゃ」って。
叔父まで死んじゃうんじゃないかって不安になったから。

叔父はそこそこ長生きして、昨年亡くなりました。

今ね、その叔父の気持ちがよく分かるの。



夫の生前は、夫が夢に出てくることなんてなかった。
出てくる時は、たいていイライラして目が覚めた。

亡くなった直後に見た夢ではやっぱり私はイライラしてた。

お風呂に入っていたら、夫が入ってくるの。
私は、今湯船につかったばかりなのに、
なんでもっとゆっくりさせてくれないの??
とプリプリしながらお風呂を出る夢。



その数日後に見たのはこんな夢。

私は居間にいて、泣いている。
隣の部屋から夫が来る気配がしたので慌てて涙をふいたの。
泣いてるところを見られたら恥ずかしいから。
居間にやってきた夫は私の顔をみて
「どうしたの?」って聞く。
答えないでいると、ゴロンと横になって、両手を広げて
「かわいそうに、おいで」って。

目が覚めたら、泣いてなかった。
(ああ、そういう人だったな)って思った。



ここまでの夢では、夫はまだ死んでなかった気がする。



そこから何回、夫は夢に出てきただろう。

夢で夫は話しかけてこなくなった。
娘が言ってたっけ。
「人は死んだ人の声から忘れていくんだって」って。

夢によって、夫は幽霊で、そんなときは
(もう死ぬことはないからずっとここにいるんだ)
と思ったり、時にはゾンビで
(傷がついたらもう治らないから気をつけなきゃ)
なんて思ったり・・・。

私は夢の中でも夫の死を認識している。



数日前は夜中にトイレに起きるというリアルな夢だった。

そういう時、私はいつも廊下の電気をつけないのだ。
うちのトイレは玄関脇にある。
その玄関に向こうを向いて座っている黒い人影がいる。
「お父さん? お父さんなの?」
声をかけたら、少しだけ振り向いた気がした。
よく顔を見ようと、玄関の灯りのスイッチを押したけど、
ひどく薄暗い灯りで、顔がはっきり見えない。

そこで目が覚めた。



もう、顔も忘れ始めてるんだ。
目が覚めてから、そう思った。

夫が亡くなってから、夫の写真が見られなくなって、
未だにそれは変わらない。
でも、顔を忘れてしまうのはあんまりだと思った。



その翌日、また夫は夢に出てきた。

学校の校庭のようなところで、なぜか夫は白のブリーフ一枚で、
タバコをやめてから少しポッチャリになった色白の肌をさらして
ニコニコしながらサッカーをしている。
娘が私の背後から夫に声をかけた。
娘の姿は見えない、生前夫の夢を見なかったように、
娘もまた夢に出てこないの。
「パパ、走ったりして大丈夫なの?」
声だけの出演で、そう・・。

「大丈夫だよ、だってパパはもう・・・」

だってパパはもう死んだのだから、もう病気じゃないから。
だから思い切り走らせてあげて。
そう言いかけて、目が覚めた。

目が覚めた時、枕がびしょびしょになるくらい泣いていた。



白のブリーフは、知り合いの芸人に誘われて参加した
お笑いの舞台での衣装だった。
一度、Youtubeか何かで公開したのを見せられたことがある。
夫が動いているというイメージはこれしかないから
白ブリーフだったのかな。
サッカーは、弔問に来てくれた中学校からの友達が
「アイツは何やらせても器用で、
 サッカー部では練習もしないのにずっとレギュラーだった」

と話してくれて、それで出てきたのかも。
ニコニコしていたのは、前日の夢で顔が見えなかったから。
それが気にかかっていたのと、もう一つ、
たまたまマンションの通路で会った
上の階のおばあちゃんに、夫のことを伝えたら、
「いつもニコニコして、優しい人だったのに」
って言ってくれたのを覚えてたから。





ここまで読んじゃった人、いる?

大丈夫だよ、心配しないで。
私も踏切を越えたりしないから。



だって、夢に出てくるのは本当の夫じゃないもの。
私の頭の中で作られたただの幻。
本当の夫は、もうどこにもいないって分かってる。

叔父のように、長生きするよ。




だから、読まなかったことにしてください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
読んじゃいました、最後まで。
いいじゃないですか、何度夢に見たって。
それだけ深くつながってたということですから。
大丈夫、ちかさんなら踏切なって越えませんよ。
何があったって。
mizu-t
2015/02/04 21:01
私も読んじゃった。
ごめんね。

亡くなった叔父さん、きっと試しても踏み切りを越えられなかったと思うな。
越えようとしたら叔母さんが、踏み切りの…なんて言うんだっけ?通行禁止の…を下ろして、「まだ渡っちゃだめよ。」って知らせたと思う。
きっと叔母さんを思いすぎてた叔父さんにそれを伝えたかったんだよ。

夢って不思議だね。
ちか子さんは長生きしようね。
お互いにさ。
あや子
2015/02/05 04:46
ちかさん 読んでいませんよ(^^
でも…ちかさんのご主人に対する思いが いっぱい詰まった夢の数々なんだなぁって私は思いました(あっ!読んだことばれた ^^)

この思いを吐き出したから ご主人も少し安心したかしら?きっとそうだと 私は思います

(私の考えがとんちんかんだったら ごめんなさいね)


Deco
2015/02/07 08:29
>mizu-tさん、あやちゃん、Decoさん
うう・・・読んじゃいましたか。恥ずかしいのでコメ返はまとめてで許してください。
吐き出したら、やっぱりちょっとラクになったので、またやっちゃうかもです。
たまにわざと悲しい歌とか聞いて泣いてすっきりするのと同じなのかも。
こんなことできるんだからきっと私長生きするよ。
絶対、長生きする!
なので、末永くお付き合いくださいm(_ _;)m
ちか
2015/02/12 23:05

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

  • きまぐれ作品集
  • RSSリーダー
  • 夢 家族はいつもいっしょ/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる