家族はいつもいっしょ

アクセスカウンタ

zoom RSS おじいちゃんがやって来た!

<<   作成日時 : 2010/06/19 21:05   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10

80歳の義父が上京しました。
今度は観光ではなく、永住が目的です。
うちから徒歩5分のところに1DKのアパートを借りて、
「スープの冷めない距離」のお付き合いが始まりました。

東京の我が家から夫の実家へは片道8時間以上。
夫の病気もあって15年近く会いにいくことがありませんでした。
義母が亡くなって以来、電話も手紙のやりとりもなく、
隣家の遠い親戚に時々連絡をとって様子を聞く程度で、
まったく接点のなかった義父。

結婚24年目にして、初めてをする私です。

「嫁」も初めてなら「高齢者」も初めて。
色々な場面でとまどい迷うことばかりです。




たとえば食事。

「お互いの生活のペースを崩したくない」
という義父ですが、栄養面が心配です。
お医者様にも「もう少し太るように」言われてるとか。

東京暮らし3日目までは我が家で食事をしてもらいました。

入れ歯が嫌いで歯茎だけで食べる義父に合わせて、
骨のない魚、柔らかい煮物、根菜類は細かくして・・・・。
何でも「美味しい」と食べてくれるので調子にのっていましたが、
本日、夫を通して宣言されてしまいました。

「これからは自分のアパートで食べる。
 作ってもらうと食べ過ぎてしまうから」


量が多かったら残してくださいって言ってたんだけどなぁ。
やっぱり若葉マークの嫁には遠慮して無理して完食してたのね。

それでも「はいそうですか」と放っとくわけにもいかず。
ゴボウの時雨煮とアスパラガスの塩茹でを作って、
好きなときに好きなだけ食べてもらえるようタッパーに小分けし、
義父のアパートの冷蔵庫に入れておこうとしたら、
あらら、冷蔵庫は義父の買い込んだ食糧でもう満杯でした。

自炊する気満々。

頼もしいけど、こちらはどこまで何をしたらいいのか悩みます。




明日は「父の日」
これを口実に夕方ユニクロに誘い出しました。

食べる物に無頓着なら着る物にも無頓着な義父。
田舎から持ってきたのは着古して穴のあいたような服ばかり。
それもどうやら近所の人のおさがりらしいのです。
お金がないわけじゃないの。
大企業に定年まで勤めた義父は充分な年金をもらってるのよ。
服は着られればいいくらいにしか思ってないの。

パンツ2本とポロシャツ2着とジャケットをプレゼント。

ありがたがって、というより申し訳ながってくれたけれど、
キッキと私が選んだものに一言の文句も感想もない義父。

明日からちゃんと着てくれるのかなぁ。

80歳にビビッドオレンジはショッキング過ぎなかったかなぁ。




迷い迷いしながらだけど
これから時間をかけて徐々に距離を縮めていきたいです。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
お義父さん、いらしたんですね。元気なおじいちゃん!
んん、小うるさいかもしれないけど同じヨメの立場から言わせてもらうと、本人が自分で暮らす気満々ならその気持ちを尊重して、足りないところだけ手伝うくらいの気持ちでいいと思いますよ。実は私も義母不在の折りにおかずを作ってはダブらせてしまい「もういいよ」と断られた過去があります。
いずれやりたくても身体がきかなくなる時がくるかもしれない。それまで『自分のことは自分でできる』というプライドを保てていると認知症になりにくいみたいです。
最初からあれもこれもと距離を詰めすぎるとお互い大変かも。様子をみなら程よい関係ができるといいですね!頑張り過ぎないように!
まめ
2010/06/20 08:26
>まめさん
ありがとう。
情けないことに今までお年寄りと全く接したことのない私。80歳の体力とか全然見当がつかないから、今義父はこの状態で元気といえるのかどうかさえ分からないの。分かるのは(当然のことだけど)15年前に比べるとひどく衰えているということだけ。今はそれで気持ちが急いているのかも知れません。
コメントでちょっと落ち着きました。あれやこれや周りで忙しくして返って義父の負担になったりしないよう、焦らず急がず頑張り過ぎないよう頑張ります。
またアドバイスしてね。頼りにしてるよー。
ちか
2010/06/20 09:27
う〜ん、何か身につまされます。
高齢の父を残す、ウチもそうなので。
ただ母もいますが、どちらも病持ちなので。
かといって妻に一緒に住めとは言えないし、妻も自分も同居する気はありません。
今日は父の日でしたね。
忘れてました。
お義父さん、近くに来られたれたなら、少しは安心ですね。
mizu-t
2010/06/20 19:05
お義父さんの冷蔵庫が食材で満杯っていうのが「お義父さん、やる気満々!」って感じでいいね。
「お世話してね〜。」じゃなくて、近くに来るけどよろしくねって。きっきちゃんもお義父さんのこともっと良く知るチャンスだね。
良い親子関係だと思います。
家の父親も今年お義父さんと同じ年になる。家もがんばっているよ。ちか子さん、いまどきの80歳って思ったより…というか一昔よりずっと健康で元気だよ。医療技術や健康の情報とかあふれているし、お年寄り達もそういうことに触れる機会も多くなっているしね。
自分で自分のことはやっていますっていう自信?持つのっていいと思います。がんばってほしいわ〜、お義父さん!
(私が父に前にあげた結構まぶしいブルーのポロシャツは、着てもらえなかったみたい…。ちょっと派手だったからかな?トホホ…。)
あやこ
2010/06/21 06:19
最後の文に 迷い迷いしながらだけど
これから時間をかけて徐々に距離を縮めていきたいです。素敵なことです。
私は遠いけど そんなちかさんを 応援していますよ!
はじめは 嫁より 娘でも いいかもしれませんよ
フライパン
2010/06/21 17:05
初めて嫁をする、わかりますよぅ。私もこちらへ帰ってきて20年ぶりに嫁をしています。義母と話あった結果、思いやって何もかも手出けされるのは却って健康を害することにもなるので、動ける年寄りにはできることはさせたほうが、ぼけないし足腰も弱らないということでした。そのほかにこれまでの生活のリズムが崩れるのは疲れるので、それを優先してほしいということでした。家を訪ねるときも突然ではなく必ず連絡をして都合を確かめてほしいとも言われ、そうしていますが快適でとてもうまくいっています。そばにいるということだけで随分心強くお守りのような存在になられたと思います。キッキさんが良い存在になるかもしれませんよ。
みかんママ
2010/06/22 10:33
>mizu-tさん
そうなんです。とにかく近くに来てくれたことが一番ありがたいです。本当ならちゃんと家もお墓もある実家の方に私たちが行くべきだったんだろうけど、病気もちの夫は病院から離れられないので。
私達も同居しないで済むならそれにこしたことはないのかも知れません。ただいつまでも皆自力で動けるとは限らないから。今後のことも少しづつ考えて行きたいです。

>あやちゃん
そっか〜。近くにくるけどよろしくね、だね。確かにそういう感じかも知れない。
オレンジはまだだけど、昨日はもう1着の方、細い横じまが不規則に入ったちょっとお洒落なポロシャツを着てもらいました。派手でまぶしいブルー? メタリックブルー? オレンジをクリアしたら試してみようかな。
ちか
2010/06/22 14:38
>フライパンさん
応援、ありがとう。
嫁より、まずは娘ね。目からウロコの言葉でした。そういえば結婚したばかりの頃、夫の実家に行ったら「もう娘だから・・」と言われて嬉しかったことを思い出しました。
もう一度初心に還れってことかも知れませんね。それ、いただきます。

>みかんママさん
なるほど〜。
動ける年寄りにはできることはさせたほうがいい・・・か。子育てに似てますね。ついつい先回りして、できたことができなくなったりさせてしまわないように。自戒します。
キッキもまた15年ぶりに会ったうえ、義父は電話も手紙も苦手だったので、全く知らないおじいちゃん、私以上に距離感がつかめないようです。でも、これからですよね。仲良くなれると思います。
ちか
2010/06/22 14:49
なかなか大変ですよね。私は「ムコ」で「嫁」ほど気苦労もしませんが、それでも多少の気遣いはしなくては・・と思います。元々他人ですから、育ちも生活のペースも違いますしね。まだまだ元気な様子ですから、見守ってあげる程度でいいのでは・・・。「嫁」だと、そうもいきませんか。ご苦労様です。
あんどう
2010/06/22 18:18
>あんどうさん
この記事から1週間弱。少しづつお互いのペースを探っております。
嫁としてラッキーだったと思うのは、舅が実の父より馬が合うというとこです。逆だったら大変だもの。けど、もしかしたらこれから色々出てくるのかも。近くで暮らしてらしたあんどうさんちと違って、うちはまだほんの初対面ですから。近くにいたら少しづつワガママも出てくるかも知れませんね。覚悟もしとかなきゃ。
平均余命の伸びてる昨今、先はまだまだ長いですもんね。じっくりゆっくり構えていこうと思います。
ちか
2010/06/25 09:55

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

  • きまぐれ作品集
  • RSSリーダー
  • おじいちゃんがやって来た! 家族はいつもいっしょ/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる