家族はいつもいっしょ

アクセスカウンタ

zoom RSS 眠れぬ夜の独り言

<<   作成日時 : 2009/03/15 07:04   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

夫が飲んでいる薬が認可されました。今まで個人輸入してきたヤツです。認可されるのを待ち望んでました。が、今、すごくがっかりしています。

認可されたら保険がきくので医療費がラクになると信じてました。でもいざ認可されて国内で製造されることになったその薬は、主治医に言わせるとベラボーに高い値段。3割負担で、自己負担が月額5、6万ほどになります。これでは個人輸入の全額自己負担の時と同じ。全然ラクになりません。毎日飲まなければならない薬なのに。

お金がなければ死ねということでしょうか。

更に、一度は厚労省が禁止した危険薬物ということで、購入のための手続きがメチャクチャ大変です。初回の今回は、病院で2時間待たされました。

一番イヤだったのは、薬を買うための諸々の手続きです。

薬を飲む本人以外に管理者が必要だそうで、本人である夫と管理者になる私、主治医から1時間ほどの講習を受け、誓約書にサインをさせられました。薬の管理を徹底すること、レポートを毎回提出することを約束させられ、守らなければ治療を中止するとの脅し付き。

妊婦が服用すると胎児に畸形が生じるという害のある薬なので、特に妊娠についての注意をされました。夫婦生活はひかえろだの、避妊に失敗したら報告しろだの、そんな注意です。万一妊娠したら院内の産婦人科と連携して堕胎できるからすぐ申し出るように、だってさ。

娘は結婚10年目で授かった子です。やっと子供ができて、もう1人くらい産みたいと思ってた時に夫が発病して一旦諦め、その後夫の放射線治療で、もう一度諦めました。そもそももうこんな年齢だし、今更また赤ちゃんが産めるなんて思っていません。でも、やっぱり涙が出そうになりました。もちろん平気な顔してみせてましたけどね。そんなトコで泣かされてたまるもんですか。

薬を飲まなければ病気が進行するのです。つまらない感情をはさんでいる余裕はありません。

でもね。

値段が同じなら、個人輸入の方がマシだったわ。

夕べね、夫所用で夜から出かけてまだ帰って来てないの。この薬は睡眠薬でもあるので、夕べの分は飲みそびれたことになります。飲みそびれた分はそのまま返却しなきゃいけないことになってます。でも、その分のお金は返しませんだって。個人輸入の時は、翌日分に回せたのよ。もちろん、本当は毎日飲まなきゃいけないんだから、飲みそびれること自体がよくないんだけど。でも1錠、2000円弱。この金額をドブに捨てる側の気持ちをエライ人達はちょっとでも考えたことがあるのかしら。

そんなこんなで、2時半頃目が覚めてから眠れないでPCに向かってました。

胸に詰まってること吐き出したら、眠れるかと思ったけど、もう朝だね。

こういうこと書くと、変なトラックバックつけられるから嫌なんだよね。
つけないでね。
言っても無駄か。

こんな文をここまで読んでくれた方、グチってごめんなさい。

吐き出したのでもう大丈夫です。
前向きに頑張ります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
誰かに聞いてもらえることで少しでも気持ちがラクになるのなら、記事を読ませていただきたいと思います。
母の闘病を看護していたとき、現在でも定期的に通院していますが、主に姉が対応し様々な思いをしたようです。
病院にも医者にも暖かさを感じることが出来ず、必死に病気や薬のことを調べていました。安心して医療を受けることがどんなに難しいか。。。医療大国とは思えぬ現状がありますよね。
angel light
2009/03/16 00:46
>amgel lightさん
ありがとうございます。
何も重荷を抱えないで生きてる人なんていない、自分だけ甘えてちゃいけないと思うんですが、たまにダメになっちゃう瞬間ってあって。でもやっぱり恥ずかしいのでわざと読みにくくしてみたりとかしたつもりなんですが、おつきあいいただいて申し訳ないです。ありがとうございます。書いてすぐ消しちゃおうかなとか思ったりしたんですが、でもこうしてみっともない自分に向き合うのも必要かななんて。
自分達はまだ恵まれているのかも知れません。けど、もっと医療はよくなると思いたいですね。以前よりは大分よくなりましたが、もっと血の通ったモノを期待してしまいます。
ちか
2009/03/16 10:10
ちかさん、こんにちは。
ご主人、闘病中だったんですね。
大変な中、一杯励ましてくださってたんですね。
ありがとうございます。

医療制度には、納得のいかないことが とても多いです。
腹が立つこと、いっぱいです。
でも、ご主人には ちかさんというすごい味方がついています。
がんばってくださいね。
言いたいことは、貯めずに ぶちまけましょう!!
どど!!ごん
2009/05/22 09:56
>どど!!ごんさん
こんな過去記事を読んでいただき、更にコメントまで、ありがとうございます。私、主人のすごい味方になれるでしょうか。つい免疫を下げるようなことをしちゃって後悔ばかりしているんですよ。医療制度にも納得いかないし、病人に更に鞭打つような無神経な現場や行政の対応にも度々腹が立ちます。が、長い夫の闘病生活で大分強くなりました。夫は治らない病気ですが、どど!!ごんさんのように、前向きに生きてる方を見ると、希望が湧いてくるんです。これからもよろしくお願いしますね。
ちか
2009/05/22 11:16
きっと、すごい味方です!
ずっと、免疫を上げることを言い続けるなんて不可能です。
私は、主人に下げられることを、よく言われます
でも、上げてくれることの方が少し上回っているし(笑)寄り添ってくれていることも感じられるので、とても心強いです。
そのおかげで生きていると心の中で感謝しています。
色々大変ですが、負けずにがんばりましょう!!
どど!!ごん
2009/05/22 13:22
>どど!!ごんさん
ありがとうございます。プラマイでちょっぴりプラスになってればいいんですね。救われます。はい、私も負けずにがんばりますよー。
ちか
2009/05/25 11:31

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

  • きまぐれ作品集
  • RSSリーダー
  • 眠れぬ夜の独り言 家族はいつもいっしょ/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる