家族はいつもいっしょ

アクセスカウンタ

zoom RSS 母と娘の親子の会話

<<   作成日時 : 2008/12/24 12:35   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 8

前記事で「父と娘」のコミュニケーションの問題を書いたけど、
自分のことは完全に棚上げしております。
思春期の娘とはやっぱり毎日色々あるのだ。

天皇誕生日の祝日、キッキは友達と映画に行く予定でした。
子供同士で映画なんて、初めてです。
これはキッキからおねだりされた私からのクリスマスプレゼント。

映画とパンフ代、それと映画を観ながら食べるポップコーン。
それがキッキのリクエストでした。
そして友達と行きたいと言う。

我が家はまだ子供同士での行動を制限しています。
繁華街、ゲーセン、飲食店等々。
映画館は大抵繁華街にあるので許可していませんでしたが、
友達家族とも何度か行った事のある遊園地隣接の映画館なら。
そういう条件で今回はOKを出しました。

でも特に中学になってから、そういった繁華街や飲食店は、
クラスの半数以上が友達同士で行ってるということ。
キッキには不満がつのっているようです。

祝日の前日、キッキが切り出しました。
「ご飯も向こうで食べて来ていい?」
もちろんNOですよ。
するとキッキ、いきなり声を荒げ、
「なんでー!? なんでうちだけいつもそうなの?
 みんなフツーに子供だけでマック行ってるんだよ。
 もう中学生なんだよ。何したっていいじゃん!」


これだよ。
これでいつも親子喧嘩になる。

主張ばかりの娘。
ダメだしばかりの母。

まだ子供だから、どんな危険があるか分からないから、
そんな説得は無意味。
本人はちゃんと対処できるつもりでいるから。
母自身、どこで手を離すかについて大いに迷っているから。

お互いにイライラして毎回平行線を辿る。

でも、今回はちょっと違いました。

何しろ私、数日前にパパについて偉そうに書いてる。
ここで話し合いを放棄したら、あんまりじゃない?

いつもならキッキに「ワガママ」と怒鳴りつけるところ、
一歩退いてしばし沈黙。
考えましたよ。

考えて、考えて、考えて、
そしてとったのが・・・
娘に腹を見せる作戦

キッキの興奮が収まるのを待ってから話をしました。

聞いて。
ママはあんたを管理しようと思ってダメ出しするんじゃないの。
ママだって、ママとして何もかも初めてだから何も分からないの。
子供の手をどこで離せばいいのか、どこまでが安全なのか、
子供がどこまで、何ができるようになっているのか。
分からなくて怖いから、急に遠くに行ってしまうと不安なの。
ママも少しづつ自分を訓練していきたいんだよ。
友達同士で映画に行くのがあんたにとって冒険である以上に
ママにとっては冒険なの。


要約すると、こんなようなことです。
キッキはさっきとはうってかわって素直な目をして聞いていました。
そして、「そこまでうちのこと心配しなくていいのに」って、
両手を拡げてくるので、
抱きしめました。

仲直りの証。

最初、単純に下手に出て懐柔するつもりだったけど、
案外これが自分の本音。
子供へのイライラの根源に気付いた気がします。

なんと言っても、一人っ子だから、
キッキが最初で最後。
私は永遠に母親として素人なんだなぁって。
でもそれを自覚したら少しは違ってくるかもしれない。

その後、キッキの計画を聞き、時間とルートを二人で調べ、
飲食店には寄らない、電話連絡をするという約束をさせましたよ。

結局当日は楽しすぎて、電話連絡は忘れちゃってましたけどね。

それについてはお咎めなしです。

母の冒険も無事クリアだったので。

よそ様よりは遅れていますが、
徐々に冒険の幅を広げる勇気を
(私の方ですが)持ちたいと思っております。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは、今日は私のブログへ遊びに来てくださってありがとうございました。
同じ中学1年生の子供(息子)を持つ母として、興味深く読ませていただきました。わが家には現在21歳の娘もいますが、娘と息子を育てながら、子育ても時代とともに変わってきたと思っています。時代というか子供を育てる母親のマナーや意識が随分と乱れているような気もします。ちかさんの子育ては私も同感ですよ娘にもみんなの家と違うと抗議されることもありましたが、今になってそれは間違っていないと確信できているようです。ただし大人のうけはいいけど同級生からは浮いてしまうそうで、悲しい時期もありました。
マクドナルド、息子も土曜日の部活の帰りだけO.Kにしました。男子の友達や先輩とわいわい言いながら過ごすあの空気は、青春の思い出かもしれませんから。映画は春、夏休暇中に塾友達2人と出かけていますよ。
みかんママ
2008/12/24 13:25
はじめまして。
私にも中1の娘がいますが毎日言い合いですよ
そんな難しいことは言っていないつもりですが自分で悪いと思っても素直に謝れないようです。
都合が悪くなると「だって」「でも」「ほかの子は・・・。」の反撃がはじまります。
いくら説明してもわかってくれないと本当に自分の娘かと落ち込みます
反抗期がこんなに早いとは思っていなかったので戸惑います。
銀ママ
2008/12/24 16:30
ウチ中1の息子は友達同士で出かけることはあまりないので、女の子はこうか、そう思います。
長期休暇前はいつも、
「出かけるときは、どこに行くか、誰と行くか、何時に帰るのか、ちゃんと家の人に告げること。」そう言っています。
子供の定番、「みんな持っている、みんなやってる」と言ったとき、
「じゃみんなって、誰と誰と誰だか、全部言ってごらん」というと何人も出てきませんよね。
まだまだ中1くらいじゃ言い訳を通しちゃいけませんよね。
mizu-t
2008/12/24 16:54
「みんなって誰?名前だして」私も言います。
だいたい答えは「だから!みんなだよ!」ですけどね・・・。
毎日女同志の戦いになってますよ
銀ママ
2008/12/24 21:26
なんかいい話ですね!(気分害したらすいません!)難しいですよね!友達との関係も大切にしてもらいたいけど、心配も・・。
ある荒れた学校の先生が、思い切って生徒に言ったらしいです。「ごめんね。先生は、ほかの先生と違って力ないの。だから、みんなの荒れをどうとめればいいのかわからない。一生懸命なのは事実。でも・・。だから、みんな協力してほしい!いい教室にすることに!」と。教師失格という意見もあるでしょうが、これでこのクラスは落ち着いたとか。いろんな接し方があっていいんでしょうね!!素敵な話、ありがうとうございました!
校長
2008/12/24 23:12
初めの子供は親業も素人。世の中は聞けば聞くほど不穏な話ばかり。心配はつきませんね。中学生時代は親が少しずつ手を放す時期かな?と思っています。将来一人で世間に出さなきゃいけない期限があり、いきなり出す訳にはいかないから、どういう場面でどういう注意をするのか、不安だから囲い込むのではなくて、経験させ教えていく。そういう時期だと思います。キッキちゃんもママもいい経験ができましたね。
きらりん
2008/12/25 09:18
>みかんママさん
ヒト様のブログでコメントをいつも拝見していたのですが、同じ中1のお母さんと知ってますます親近感を感じてます。これからも遊びにいかせてくださいね。21歳のお嬢さんを育て上げた方の同感は心強いです。うちも部活の先輩と一緒の時に限り飲食店一部解禁です。後は徐々にがんばりま〜す。

>銀ママさん
いらっしゃいませ。訪問ありがとうございます。娘に言われるセリフ、同じですよ。なんでわかってくれないんだ、って思いますよね。そうそう、「だから、みんなだよ」までオンナジ。中1は皆申し合わせてるのかしらねえ?

>mizu-tさん
いやぁ、うちの学校は男子がすごいですよ。友達同士で万札持って繁華街へ行っちゃうらしいです。外出先での金品の貸し借りでのトラブルがばれ学級会で話し合ったようです。本来家庭で対処すべき問題だと思いましたが。そうそう「みんなって誰?」って言うとたいして出てこないんですよね。私も負けないぞ〜。
ちか
2008/12/25 10:09
>校長先生
そうなんですよ。小学生のうちは「よそはよそ、うちはうち」で済んだんですが、中学では友達との関係が大きいですから。だんだん難しくなってきました。弱みを見せる作戦、教育現場でも有効な場合があるんですね。子供といえど中学生は色々分かってきてますから、お互いに本音を言える場を作れるといいのかも知れませんね。

>きらりんさん
ベテランお母さんのお言葉、いつも心にずっしり来ます。「将来一人で世間に出さなきゃいけない期限」・・考えてもいませんでした。そうですね、いつまでも子供でいてはくれません。寂しいけど送り出す準備をしないといけませんね。ああ、でもやっぱり寂しい〜。いや!頑張りますっ。
ちか
2008/12/25 10:18

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

  • きまぐれ作品集
  • RSSリーダー
  • 母と娘の親子の会話 家族はいつもいっしょ/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる