家族はいつもいっしょ

アクセスカウンタ

zoom RSS 娘とお出かけ♪

<<   作成日時 : 2008/09/16 06:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 7

休日はキッキのジーンズを買いに行きました。
ジュニアの160サイズは全部ツンツルテンなので。
いよいよ大人ジーンズデビューです。

隣の駅の「しまむら」でいい具合の安ジーンズ2本をゲット。
それにしても、「股下76cm」って何よ。
自分なんて、ジーンズ勝ったら裾あげ必至なのに、
そのまま履けて、しかもギリギリの長さってどういうことよ。
今どきの子どもはズルイ!

ところで、母子二人で買い物は1ヶ月ぶりくらい。
前回は並んで肩を組んで歩いたりしたのに、
今日は手もつないでくれない

なんで!?
これが思春期というものなの!?

変化はこんなに急激に訪れるものなの!?

顔には出さないけれど、ちょっぴりショックな私。

買い物を終えて、
「マックでお茶でもする?」
と誘ったら、目の前にあるコンビニでいいと言います。
「いいね、コンビニの前にうんこ座りして
 アイスでも食べようよ」
と言ってやったら
「えーっ!?」とか言いながらも店内へ。

普段アイスはあまり食べない私ですが、
アイスクリームケースの中の白熊が目を惹きました。
キッキが小さい頃、テーマパークで一緒に食べた思い出のアイス。
「お母さんはこれにしようっと」
「えーっ、歩きながら食べれないよ」
「言ったじゃん、コンビニの前で座って食べるんだよ」

このコンビニの前には植え込みがあります。
ここの商店街のお祭りの時にはいつもここでアイスを買ってやり、
植え込みのコンクリに腰掛けさせて食べさせてました。
お祭りじゃない時には、若い人達やお年寄りがよく腰掛けてます。

「マジ!?」とか渋りながらも
キッキは「朝バナナ」というスポーツ飲料みたいなのを選びました。

そして二人仲良くコンビニ前の植え込みに・・・
と思ったのに、キッキは腰掛けようとせず。
通りすがりの人の目が気になってしようがない様子。
腰掛けてアイスを開ける私の横に立ったまま
朝バナナを食べ(?)始めました。

友達と一緒ならきっと躊躇なく座るんだろうな。
母親と一緒というのが嫌なんだろうな。
もう子どもと二人で何かするってことが
できなくなっちゃうんだろうか。
隣に座ってくれなくちゃ楽しいオヤツの楽しさも半減じゃない?
子どもが大きくなるって、こんなに寂しいことなの!?

ところで白熊ですが、思ったより量が多い。
私がアイスを普段食べない理由は実はこの量なんです。
多過ぎるのよ、市販のカップアイス。
半分くらいでいいのに。

私がなかなか終わらないのに気付いてキッキ、
「果物の凍ったのは気をつけなよ。固くて歯に沁みるからね」
なんてアドバイスをしてくれました。
アドバイス通り果物をよけて白い所から食べてみたんですが、
それでも3分の1も食べないうちに頭がキ〜ンと・・・。

「大丈夫、ママ?
 やっぱ家帰ってから食べなよ。
 ほら、フタしめて持って帰ればいいから」

「やだよ、外で食べるからおいしいんじゃない」

だんだんどっちが大人か分からない会話になってきて。

「手伝ってあげようか?」って。

「お願い」
というわけで、白熊はキッキに任せました。
やっぱりアイスは自分が食べるより、
子どもがおいしそうに食べるのを眺めるのがいいなぁ。

キッキがアイスを食べ始めたら、同級生ママが通りかかり軽く挨拶。
そのまま見送った後、ちょっといたずらっけを出して、
「これってさ、どう見てもコンビニの前で子どもが『アイス欲しい』
 ってワガママ言って、仕方なく母親が付き合ってる図だよね」

って言ってやったら、キッキ
「もう、やだ、サイテー」って。
それでもキッキ、つっかえさないで食べてくれるんだね。

「全部食べていいよ」と言ったのに、
果物の部分だけ残して戻してきました。
「あんた、凍った果物が好きじゃなかったっけ」
「だって、ママ、果物のとこが食べたかったんでしょ」

なんだか嬉しくて、にんまりしちゃいましたね。

冷たくなったと思ってた恋人が思わぬ優しさを見せた?
そんな感じ?

帰り道、手をつなごうとしたらまた拒否されてしまいました。

なので、「お母さん疲れたよ。手ひっぱって〜」
なんて甘えてみたら、荷物を全部持ってくれました。

「メンドクサイ人だよ」
と笑うキッキは頼もしい。

私ってば、やっぱり恋人に甘えるバカ女みたい。



結局手はつないでもらえなかったけれど、

思春期の娘も

なかなかいいもんかもしれないわ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
しまむら
娘とお出かけ♪ 休日はキッキのジーンズを買いに行きました。ジュニアの160サイズ... ...続きを見る
あやの出来事
2008/09/16 14:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
おっと、「しまむら」ですか?
ウチの近くにもあります。
というより、その「しまむら」は我が町から始まったのです。
昔はただの安いだけの呉服店でした。
それがいつの間にか上場までしてしまい、今では全国展開し、ユニクロと並び称されるほど。
そういいつつ、自分も時々利用しています。
mizu-t
2008/09/16 16:38
こんばんは。娘さんやっぱり中学生ですね。同性でもやっぱりそういう時期が来るんですね。中学の頃は「親と行動する」のが、周りに「ガキっぽく写ってないか」なんて思ったりするんでしょう。きっと。もう少し過ぎればオンナ同士だから、「姉妹のような親子」になれますよ。(たぶん)
あんどう
2008/09/16 21:51
ちょっぴり切なくなりました。子供の成長って、うれしくもありさびしくもあり・・・。
でも、いい関係が保たれているじゃないですかー。この時期を過ぎるとまた戻ってくるんでしょうね。
もと
2008/09/17 23:01
同姓の子どもはこういう経過を経てすっかり立場逆転的になってしまうものですね・・・
私はいまや中二の娘にすっかり頼っちゃってますよ。
買い物も友達と行くようになり、「ママも着れそうなん買って来てや〜!」って♪
そうそう、今の子足が長くてGパンチョット長いのが不満(^_^#)
Syu
2008/09/17 23:45
キッキちゃん足長いわ〜羨ましい。うちの娘も手なんて絶対つなぎません。あんなにママ、ママ言っていたのにねー。
きこ
2008/09/18 10:20
>mizu-tさん
「しまむら」発祥の地にお住まいなんですね。元は呉服店だったんですか。ここには去年出来て、小中学生大喜びでした。一部の男子の保護者からは「勝手にチャラチャラした服を買ってくる」とちょっぴり不評ですが。スクール用品も安くて助かってます。

>あんどうさん
そっかー、「ガキっぽく見える」のを気にしてるんですね。家の中じゃ、カンペキお子ちゃまなのになぁ。「姉妹のような親子」憧れますね。見た目も「姉妹」で・・・無理!?

>もとさん
そうよー、切ないわよー。もとさんちもそろそろ・・・!? でも、アイス食べてもらい、荷物も持ってもらって、これはこれで幸せかなと思いました。既に介護されてる気分? 甘えすぎて捨てられないように気をつけなきゃ。
ちか
2008/09/19 08:54
>Syuさん
立場逆転かぁ。こんなに早くその日が来るとは思わなかったけど、Syuさんちは一コ違いでもう来てるんですね。自分の服を選んでもらうなんていいですね〜。憧れ♪ そうそう、親の足が短いのを笑うんですよ。誰が長い足に産んでやったと思ってるんだー。

>きこさん
家の中ではまだ「ママ、ママ」言ってるんですよ。なのに、外へ出た途端態度が変わるから、実はとてもショックだったんです。帰った途端、「ママ〜」で拍子抜けです。
ちか
2008/09/19 08:59

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

  • きまぐれ作品集
  • RSSリーダー
  • 娘とお出かけ♪ 家族はいつもいっしょ/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる