家族はいつもいっしょ

アクセスカウンタ

zoom RSS 男親の立場

<<   作成日時 : 2008/06/28 07:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

前回元気と丈夫だけがとりえと書いた我が娘キッキ。
今年の体力テストでも達成してくれました。
去年に引き続き、判定『A』

今年は反復横跳びとハンドボール投げも伸びて、
パワー敏捷性が高評価。
意外にもハンドボール部の適正ありの評価です。

総評には「体がすばやく動く人は頭の回転もはやい」
とあり、ここはちょっと吹きだしてしまいましたが。

サッカーにしろ、先日の体育大会にしろ、
キッキがすばやく動くところなんて見たことない。
体力テストなんて意外と昔のIQテストみたいに
あんまり意味のないものかも知れません。

でも運動音痴で哀しい子ども時代を送った私としては、
数字の上だろうが何だろうが、体力テストでAという評価が嬉しい。

もう毎回ベタ褒めですよ。

折りしも期末テストの真っ最中ですからね。
「お母さん、あんたになりたいなぁ。
 それで勉強も頑張ってパーフェクトを目指すの」

そう言ってやったらキッキ、
「無理だよ、ウチになったら頭もバカになるから」

「でも自分の弱点が分かってれば頑張れるじゃん?」
とたたみかけたら、

バカになったら自分がバカだってこと
 も分かんなくなっちゃうと思うよ」


と返されました。
トホホ。

ところで、パパです。

「キッキの体力テストの結果見てあげたら」
と言っても「ん〜」とか曖昧に答えて一向に手に取らず。

夜になって、やっと見たと思ったら
「はい、見たよ」って。

「何か言ってやんなよ」って促されて初めて
「あ〜、よかったね」の一言。

挙句の果て、パソコンを始めて体力証をマウスパッドにしちゃった。
マウスのすべりが悪いので手元にあった適当なものを敷いたらしい。
それが体力証だったの。

今年はA判定の子にこの体力証がもらえたの。
賞状みたいなもので、学年で5人しかもらえなかったって。
すごく嬉しそうに見せてくれたもの。
パパにも自慢したくてずっとテーブルに出してたのに。

パパはマウスパッド代わりにして端っこが少し折れちゃった。

あ〜あ。

キッキ激怒

抗議しても、パパは何をそんなに怒られてるのか分からない。
ゴメンって一言言えばいいのに。
「悪意があってやった訳じゃない。
 謝ったら、自分が悪意があったってキッキに思われる」


・・・・って。
お前はアホか!?
夫婦喧嘩になるから口には出さないけど、喉まででかかったよ。

更には、なぜ褒めなかったかを延々言い訳。
元々夫は世間的評価に重きを置かない、それは分かる。
自分の価値観を大切にする、人の評価に惑わされるな。
それも大切なのは分かる。

でも今、そういうこと言ってるときじゃないでしょ

ピントがずれてるんだよ

でも、私は何も言わない。
夫がパパとして困りきってるのが見てとれるから。

キッキ泣き出しました。
「だからなんて嫌なんだよ。
 はみんなバカだから嫌い。
 パパなんて大嫌い


そのまま就寝時間へ。
キッキはフトンの中で私に抱きついて泣きべそかいたまま。
パパはまだ何かずっと言い訳してるけど、無視。

私は私で口ではパパをかばい、キッキをなだめながらも、
頭の中では夫に対して「バーカ、バーカ」を繰り返しておりました。

ほら見なさい。
私が娘とバトルしてる時は分かったようなこと言うけど、
偉そうに私に注意したり批判じみたことを言ったりするけど
あんただってこの程度
おのれの傲慢さとKY加減を思い知るがいい!


ホント、男親って・・・・。
うちだけじゃないよね、こういう風景。
違う?

翌日夫から聞いて知ったんですけど、
あの後、キッキの方からパパのフトンに手を伸ばしてきたんだって。
それでパパは黙ってその手を握ったんだそうな。

娘に救われたね。

でも、よく反省はするように。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
あぁ、、、、我が家の光景をみているようです、、、(TT)
私も。
言葉ではその場をフォローしようと頑張りつつ、心の中では「だまれだまれ、夫だまれ」と思って見ていることがよくあります。
仕舞いには私が子供たちを褒めちぎってるときに「なんでそんなに褒めるのよ?わざとらしい。なんも褒めるようなことじゃないべ」とか言い出したり(ii)
育児する上で、男の人の無頓着さに救われる事もあるけど、無神経さが気に障ることも多々ありですーー( ̄ ̄;
うちのダンゴ達はそれに慣れてきたみたいだけど、内心傷ついているだろうなぁと思います。
「俊敏な動きができる子は頭の回転が良い」ってのは間違ってない気がしますよーー!!
「バカになったら自分がバカって事もわかんなくなっちゃうと思うよ」って返しもGOOです(*^▽^*)
たけぐし
2008/06/28 09:35
こんばんは。娘さん、やっぱすごいですね。私も非常に稀なくらい運動音痴でしたので、羨ましい限り。私もオトコ親ですが、子供たちがわざわざ「聞いて!」と話してくることは、親としての反応・・褒めてほしかったり、同意が欲しかったり、同情して欲しかったりするんだなぁ、と最近やっと気づきました。
でも、夫婦なんだから率直に言ってあげたほうがいいのでは?とも思います。たとえケンカになったとしても、気がつかないまま、無神経なままでいるよりは・・。
オトコはやっぱ、不器用で、ニブイ部分が多いですからね。(自己弁護)
あんどう
2008/06/29 00:08
物差しの基準が、男と女では根本的に違うようなので、コミュニケーション無しで分かり会えるというのは幻でしょう(^^)b
言われないと分からないもの、あって当然。
発想が違うんだから。
大好きな旦那様でも、自分のクロ〜ンではないのだから。
ムカつく反面。違う考え方で良かった場面もあったはず?
子どもには理不尽な体験も必要悪だよ。
社会に出た時って、理不尽なこと一杯だもん。
打たれ強くなると思って♪

とか言って、自分の旦那もバカ呼ばわりする私。

2008/06/29 00:49
キッキちゃんすごいわー「A」だなんて!うちの娘は「D」だった・・・(T_T)お父さんとの関係も素敵。最後には手をそっとつないで仲直り、いいですよね。うちの娘ね、この前パパに靴下を洗濯機のところに持って行ってって頼まれて、どうするか見てたら、持ってたタオルでつまんでたのよ〜素手で触らないの(^^; ヒドイでしょ〜でも心の中でおもいっきり笑ったわ。父親ってそおいう扱いをさりげなくされたりするものなのに、キッキちゃん親子は素敵です。
きこ
2008/06/29 01:47
>たけぐしさん
ああ、そうですね、無頓着には確かに救われてるなぁ。無神経はうちの場合お互い様かも。子どもがパパに怒ってる時はだいたい私は「ざまぁみろ」って気持ちでいい気分なのでパパの弁護に回れるんですが、逆の場合もあります。「バカになったら・・」発言ね。本人は自分がバカだと思ってないって宣言ですね。せめてできないことはできないと認めて欲しいわ。

>あんどうさん
口に出してないのは「バーカ」と「アホか」で、キッキの気持ちは代弁してるつもりですが、夫本人が「娘は自分似で、考え方、感じ方も自分似」という幻想を持っているのでなかなかわかってもらえません。あんどうさんちのお嬢さんはパパに色々話してくれるんですね。うちは元々すごいパパっ子だったのが、入院でパパ不在の時期が長かったので逆転しちゃいました。それはそれでけっこう気を遣います。でもそれも夫婦お互い様かな。
ちか
2008/06/29 08:11
>柊さん
理不尽といっても、うちの場合たいしたギャップじゃないんだろうなとは思います。元々夫は女性的なタイプだからね。キッキもたいしたことないことで泣くのはパパに甘えてるんだと思うの。ただパパは本気で焦ってるので気の毒。男親ってつらいと思うわ。

>きこさん
脱ぎたての靴下? ああ、私も多分そうします。娘はもっと大騒ぎすることでしょう。でもそういう娘の靴下が一番汚いんだけどね。基本的に娘はパパっ子なんだと思うんだけど、微妙にすれ違うことの多い今日この頃。やっぱり思春期なんだしょうかね。
ちか
2008/06/29 08:17

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

  • きまぐれ作品集
  • RSSリーダー
  • 男親の立場 家族はいつもいっしょ/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる