家族はいつもいっしょ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ママ」と「おかあさん」

<<   作成日時 : 2007/05/31 13:41   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

赤ちゃんが生まれて最初に考えること。
その一つに
「自分のこと何て呼ばせよう」
って、あるでしょ?

私は「お母さん」って呼ばせたかった。

ほら、ママって柄じゃないし。
うちなんて、畳にちゃぶ台の生活だし。
それに、お母さんの方が何だか温かい響きがある気がして。

それでなくても言葉が遅かった娘。
それは、待ちましたよ。

保育園に入園して、真っ先に
「しぇしぇ〜(せんせい)」を覚えても。

その1ヶ月後くらいに
「そっさ〜(おとうさん)」を覚えても。

その後何ヶ月、何度も
「おかあさん」って言葉が難しすぎるのかしら。
いっそ発音の簡単な「ママ」で妥協しようかしら。
そんな風に迷い続けながらも。

私は待ちました。

そして、ある日突然
「おかっさ〜」
と発してくれた時のことは忘れられません。

たとえそれが、私に向けてでなく、
ファミレスの駐車場に向かって叫ばれた言葉であっても。

そのファミレスの駐車場の風景と共に母の記憶に刻まれてます。

ところが、そんなに待った「おかあさん」なのに、そのわずか2年後。
私の呼び方は、娘本人によって、勝手に
「ママ」
に代えられてしまいました。

なぜかはわかりません。
保育園のお友達の真似っこか、もしくは保育士さんの読む絵本の影響か。

何度も戻そうとしましたが、娘は頑として私を「ママ」と呼ぶ。
そのうち、私も根負けし・・・
現在に至るわけです。

ま、慣れちゃえば、『ママ』も悪くないし。
なんとなく甘い香りも漂う響き。
そう、たまご焼きとか、りんごのケーキとか。
そんなフンワリやさしい甘ったるさもいいじゃない。
最近では、もう私も何の迷いもなく自分のこと『ママ』って言っちゃってるし。


今朝の朝食時、なんとなく親の呼び方の話になりました。

「友達で、『ママ』って言ってるの、うちとE子ちゃんだけだよ」
そうでしょ、そうでしょ。
高学年にもなって、ママは子供っぽいもの。
それと、E子ちゃんちのママはおしゃれでキレイだからなんとなくママでも納得できるし。

「違うよ、『ママ』の方が『おかあさん』より
字数が少なくて簡単だからだよ

そ・・・そういう理由!?

そういえば、E子ちゃんは、お嬢様な風貌に似合わず豪快で、いまやクラスの忘れ物大将。
キッキは、それを追い上げる立場です。

はあ〜〜、
『ママ』から漂ってた甘い香りは、霧のように消えていったのでした。
やっぱり、うちの子は

「おふくろ」

あたりが似合いそう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ほのぼのした話だったのに、オチに笑いました!
うちの娘はずっと「おかあさん」だったのに、小学校に入って何故か時々「ママ」と呼ぶのでくすぐったく感じます。お友達がそう呼んでいるから真似したのかと思っていたんだけど、キッキちゃんと同じ理由かもしれない(笑)
ちなみに息子は「おかあハン」という中途半端なもの。関西人でもないくせに?
まめ
2007/06/01 07:52
>まめさん、笑っていただいてありがとう。
そうなの、「ママ」はくすぐったくて。で、やっと、そのくすぐったさに慣れてきた頃、これだもの。
「おかあハン」。夫の実家はこれです。一族が京都出身らしいので「まいこハン」と同じ系列の言葉だと思ってたのですが・・!?ほかにも使ってる人がいたとは・・!!
ちか
2007/06/01 10:33

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

  • きまぐれ作品集
  • RSSリーダー
  • 「ママ」と「おかあさん」 家族はいつもいっしょ/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる